TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年6/25~6/27】 アダム・サンドラ…

【全米ボックスオフィス 2010年6/25~6/27】 アダム・サンドラー好スタート!トム&キャメロンは沈没

pic

ピクサー史上最高のオープニング成績で首位デビューを飾った「トイ・ストーリー3」が、2週目の興行でも好調をキープしている。前週比46%減と落ち込んだものの、週末興収は5900万ドルとレベルの高い興行を展開し、総興収は早くも2億2600万ドルに達している。このペースなら「アイアンマン2」がリードする夏興行の興行記録(現在3億600万ドル)を抜き去るのは時間の問題で、おもちゃたちの冒険譚最終章がこの夏の覇者となる可能性は高い。

2位デビューとなったものの、4000万ドルを超えるビッグなオープニングを記録したのがアダム・サンドラー主演最新コメディー「俺たちグローン・アップス」だ。本作はサンドラーの他にも、ケヴィン・ジェームズ、クリス・ロック、ロブ・シュナイダー、デヴィッド・スペードなど人気コメディアンたちが総出演。豪華な顔ぶれが話題を呼んでいる。ただし、オープニング興収4000万ドルは、過去のサンドラー主演作の平均オープニング興収とほぼ変わらず、豪華キャストが興行に直結しているわけでもなさそう。作品自体は批評家から散々にコキ下ろされており、良くも悪くもいつものおバカなサンドラー映画、ということのようだ。


トム・クルーズとキャメロン・ディアスというかつて集客力No.1だった人気スターが遅すぎる再共演(1度目は「バニラ・スカイ」)を果たしたアクション・コメディー「ナイト&デイ」が3098館で公開され、3位でデビューした。週末の興収が2000万ドル弱と、トム・クルーズ主演作としては過去最低の水準で、この落ち目のスターの人気凋落ぶりを裏付ける結果となってしまっている。
ともかくトムはパラマウントとの契約解除が完全に裏目に出た形なので、久々に古巣に戻って放つ新作「ミッション・インポッシブル4」で何とか再起を果たしたいところだ。ヒットメイカー、J・J・エイブラムスの力を借りて、何とか時代のトレンドセッターだった頃の輝きを取り戻したい。

さて次週はいよいよこの夏の主役の一本「トワイライト・サーガ」シリーズ第3作「エクリプス」が公開される。とにかくオープニングに関してはド派手な成績を残してきたシリーズだけに、大方の予想ではこの第3作が最初の週末で稼ぎ出す数字は1億5000万ドルを超えてくるのではないかと言われている。4416館という上映館数は史上最多となるだけに、「ダークナイト」が保持する週末の興収記録1億5800万ドル超えが期待されている。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
1
トイ・ストーリー3 BV $59,337,669 4,028 $226,889,351
2
2
N
俺たちグローン・アップス Sony $40,506,562 3,534 $40,506,562
1
3
N
ナイト&デイ Fox $20,139,985 3,098 $27,428,513
1
4
2
ベスト・キッド Sony $15,547,421 3,740 $135,788,721
3
5
3
特攻野郎Aチーム THE MOVIE Fox $6,204,454 3,242 $63,047,432
3
6
4
Get Him to the Greek Uni. $3,140,780 2,188 $54,616,495
4
7
5
シュレック・フォーエバー P/DW $3,101,365 2,340 $229,539,089
6
8
6
プリンス・オブ・ペルシャ/時間の砂 BV $2,845,684 1,851 $86,221,879
5
9
8
Killers LGF $1,938,681 2,271 $43,938,754
4
10
7
Jonah Hex WB $1,627,442 2,825 $9,171,083
2

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]