TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年7/2~7/4】 「トワイライト」新作…

【全米ボックスオフィス 2010年7/2~7/4】 「トワイライト」新作が大爆発!シャマラン新作も意外なヒット!

pic

この夏の主役の1本、「トワイライト・サーガ/エクリプス」が予想通りのビッグ・オープニングで首位デビューを飾った。前2作はともに11月の公開だったが、3作目の本作は夏興行に参戦。公開館数も史上最多の4468館を確保し、「ダークナイト」が持つオープニング興収記録(1億5800万ドル)の更新も期待された最初の週末だったが、水曜の初日こそ6800万ドルと大爆発したものの、その後はやや伸び悩み、結局5日間合計で1億5700万ドルと、記録の更新はならなかった。

前作との比較でも、7200万ドルを稼いだ初日興収を超えることが出来ず、客足は鈍化している。熱狂的なファンを多く持つシリーズだが、新たなファン層の獲得には成功していない様子。3作目の本作は、監督に「ブレイド」のデヴィッド・スレイドを迎えてアクション描写を大幅に増加。夏興行にふさわしいポップコーン・ムービーだとまずまず評判がよいが、2作目の総興収を超えてくるのは難しそうだ。


木曜に封切られたM・ナイト・シャマラン監督最新作「エアベンダー」は、4日間で5700万ドルを稼ぐスタートダッシュを見せ、大コケに終わるのではないかという予測を一蹴して見せた。どんでん返しを売りにしていたシャマランが、初めて原作ものにチャレンジし、新境地を開拓した本作。前評判は決して高くなく、直前に行われたプレミア試写会でも批評家、映画ファンから散々コキおろされ、この夏最大のビッグボムになること間違いナシと思われていたが、初日木曜の売上げは実に1700万ドル超の大ヒット。続く金曜、土曜興行でも順調に数字を積み上げた。ただし、出来の悪さが瞬く間に広まったためか、日曜には大きく数字を落としており、今後に不安を抱かせる面もある。それでも最初の週末ですでに業界が予想していた総興収を軽々と上回っており、シャマランにとってはとりあえずホッと胸をなでおろす結果となっている。
ただ、来年からテレビ中継が決まったラジー賞では早くも大本命と評判だけに、シャマランの映画作家としての評価はすでに回復不能なところまで来ている。客を呼べる数少ない監督だけに、まだ手を差し伸べるスタジオはありそうだが、アカデミー賞作品賞候補にもなった「シックス・センス」で勝ち得た名声は遠い過去の遺物となってしまったようだ。

11位にランクインした「Cyrus」は、質のいい小品を数多く輩出するフォックス・サーチライトが贈るコメディー。ジョン・C・ライリー、マリサ・トメイ、キャサリン・キーナーらアカデミー賞ウィナー&ノミニーを揃えた豪華なキャストで、母の恋人と息子が繰り広げるバトルを描く。息子を演じるのは、この夏「Get Him to the Greek」もスマッシュヒットしているジョナ・ヒルで、「スーパーバッド 童貞ウォーズ」で注目を浴びた若手がいよいよ頭角を現してきた。批評家の評価もすこぶる高く、一部では来年のアカデミー賞を期待する声まであがっている。77館の公開で1館あたりのアベレージ1万ドル超えは立派。こうした小品を商業ベースに乗せるのがうまい配給だけに、今後の興行にも期待がかかる。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
N
トワイライト・サーガ/エクリプス Sum.
$64,832,191
4,468
$157,577,169
1
2
N
エアベンダー Par.
$40,325,019
3,169
$57,836,116
1
3
1
トイ・ストーリー3 BV
$30,280,024
4,028
$289,106,193
3
4
2
俺たちグローン・アップス Sony
$19,049,602
3,534
$77,631,117
2
5
3
ナイト&デイ Fox
$10,443,233
3,104
$45,751,847
2
6
4
ベスト・キッド Sony
$8,000,259
3,109
$151,523,517
4
7
5
特攻野郎Aチーム THE MOVIE Fox
$3,190,024
2,153
$69,280,974
4
8
6
Get Him to the Greek Uni.
$1,233,220
884
$57,474,815
5
9
7
シュレック・フォーエバー P/DW
$890,166
957
$232,278,641
7
10
18
Letters to Juliet Sum.
$822,969
340
$50,945,274
8

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]