TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年7/9~7/11】 ユニバーサル製CG…

【全米ボックスオフィス 2010年7/9~7/11】 ユニバーサル製CGアニメが驚きの大ヒット!プレデターズは3位

pic

「トイ・ストーリー3」大ヒットの波に乗ったか、ユニバーサル配給のCGアニメ「怪盗グルーの月泥棒」が3日間興収6000万ドル超という、周囲の予想をはるかに上回る数字で首位デビューを果たした。このオープニング興収は、CGアニメ作品としては史上14番目の記録で、「レミーのおいしいレストラン」(総興収2億600万ドル)、「ヒックとドラゴン」(総興収2億1600万ドル)、「トイ・ストーリー2」(総興収2億4500万ドル)らを超える好発進。過去に同等のオープニング興収をあげた作品と単純比較すれば、2億ドルの壁は突破できそうだ。

ユニバーサルはこれまでCGアニメ分野では大きく遅れをとっており、08年に公開された「ねずみの騎士デスペローの物語」があげた5000万ドルが最大の興収だった。「怪盗グルー~」はその記録をわずか3日間で打ち破ったわけで、ユニバーサルにとっては記念碑的作品となるだろう。これまでCGアニメ分野ではピクサーとドリームワークスが2大巨頭として君臨し、ソニー、20世紀フォックスがこれに続く形だったが、「怪盗グルー~」の成功により、ユニバーサルも一気に2番手グループに取り付いた。


ロバート・ロドリゲスが製作総指揮を担当したシリーズ新章「プレデターズ」は3位発進。とはいえ、2669館の封切りで3日間興収2530万ドルなら悪くないスタートだ。前作「AVP2」がほぼ同じ館数でオープニング興収1000万ドルしかあげられなかったのと比べれば、ロドリゲスを担ぎ出して新たなスタートを切った賭けは成功したと評価していい。ただし、「エイリアンVSプレデター」のオープニング記録(3300館の公開で3800万ドル)に比べれば見劣りする数字であり、リニューアル第1弾としては大手を振って褒め称えるほどの結果とも言えない。まあ良くも悪くも、このシリーズの固定ファンの存在を改めて証明した格好ではある。

2位にランクダウンした「トワイライト・サーガ/エクリプス」は2週目の興収が3300万ドルで総興収2億3700万ドル。前作「ニュームーン」の2週目が2億3000万ドルなので、ほぼ同じレベルでの推移となっている。前作を物差しとすれば、やはり3億ドル手前で商いを終えることになりそうだ。

7館で限定公開された「The Kids Are All Right」が1館あたり7万2000ドル超という大ヒットを記録。アネット・ベニングとジュリアン・ムーアがレズビアンの夫婦を演じるコメディー・ドラマで、彼女たちが育てる2人の子供が、父親(ドナーの提供者)を探し始めることで家族の絆が試されるというお話。批評家から大絶賛を受けており、早くも来年のアカデミー賞戦線での活躍を予想する声も上がっている。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1 N 怪盗グルーの月泥棒 Uni.
$60,117,000
3,476
$60,117,000
1
2 1 トワイライト・サーガ/エクリプス Sum.
$33,400,000
4,468
$237,000,000
2
3 N プレデターズ Fox
$25,300,000
2,669
$25,300,000
1
4 3 トイ・ストーリー3 BV
$22,000,000
3,753
$340,200,000
4
5 2 エアベンダー Par.
$17,150,000
3,203
$100,227,000
2
6 4 俺たちグローン・アップス Sony
$16,400,000
3,463
$111,315,000
3
7 5 ナイト&デイ Fox
$7,850,000
2,628
$61,939,000
3
8 6 ベスト・キッド Sony
$5,700,000
2,458
$164,600,000
5
9 7 特攻野郎Aチーム THE MOVIE Fox
$1,800,000
1,236
$73,971,000
5
10 11 Cyrus FoxS
$1,375,000
200
$3,521,000
4

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]