TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2010年7/30~8/1】 「インセプション」…

【全米ボックスオフィス 2010年7/30~8/1】 「インセプション」が堂々のV3!「奇人たちの晩餐会」リメイクが2位

pic

画像は2位の「Dinner for Schmucks」

「インセプション」が3週目の週末も2750万ドルを稼ぐ高稼働で堂々のV3を達成。今年のサマーシーズン興行でV3を達成したのは、意外や「シュレック・フォーエバー」に続き2本目の快挙となる。その「シュレック」との比較でも、3週目の総興収が「シュレック」の1億9400万ドルに対して、「インセプション」は1億9300万ドルと全くひけをとっていない。「シュレック」は4400館近い超拡大公開で、さらに3Dの追加収入もあったことを考えれば、興行力という点では「インセプション」のほうが圧倒的に上をいっている印象だ。1億6000万ドルという巨費がかけられた本作だが、すでに国内だけで製作費は回収しており、大幅な黒字化は間違いない。クリストファー・ノーランは前作「ダークナイト」に続く大ホームランで、新たな時代のヒットメイカーとして名を刻まれることになるだろう。

フランス国内で記録的な大ヒットとなったコメディー「奇人たちの晩餐会」を、「オースティン・パワーズ」「ミート・ザ・ペアレンツ」などのジェイ・ローチがリメイクした「Dinner for Schmucks」が初登場2位にランクイン。コメディー映画の第一人者がメガホンをとった新作としては控えめな2911館という劇場数で封切られると、最初の3日間で2330万ドルを売り上げた。期待の大きな作品だっただけに、最低目標の1億ドルに届きそうもないペースのこのオープニング成績に失望の声は大きい。批評家のレビューも賛否半々で、オリジナルのアイロニーをうまく掬い上げられていないとの評価。キャストもスティーヴ・カレル、ポール・ラッドと才人が集まったが、偉大なオリジナルのリメイクはやはりハードルが高かったようだ。


2001年に公開され大ヒットした犬猫戦争映画の続編「キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争」は3705館という超拡大公開に打って出るも、オープニングこ興収1250万ドルと大惨敗を喫した。前作公開当時はまだ新鮮味のあった、CG映像による動物たちの擬人化だが、あれから9年経ってそのあたりの表現はすっかり当たり前となり、陳腐化してしまった。そのへんのトレンドの流れをまったく無視した今回の続編企画は、コケるべくしてコケたと言っていいだろう。

その犬猫戦争映画よりも約1000館少ない上映館数ながら、興収では見劣りしなかったのが、ザック・エフロン主演の青春ドラマ「Charlie St. Cloud」。将来を嘱望されるエリート学生のエフロンが、ある悲しい事件をきっかけに人生を踏み外しそうになる……という物語。犬猫戦争映画に比べればマシな興行だったとはいえ、「Dinner for Schmucks」に比べれば1館あたりのアベレージは約半分で、客層が限定されるアイドル映画としてはよくやったという程度の成績か。

4館で限定公開された「Get Low」が1館あたりのアベレージ2万2000ドルと気を吐いている。同作は、30年代のテネシー州を部隊に、自分の葬式を生きている間に行ったフェリックス・ブッシュという男の生涯を描いた実話の映画化。ブッシュを演じるロバート・デュヴァルの他、ビル・マーレイ、シシー・スペイシクなどのベテラン演技派俳優が顔を揃えた。批評家からの評価はすこぶる高く、特にデュヴァルの演技は絶賛されており、アカデミー賞主演男優賞の呼び声も高い。

TW LW Title 配給 Weekend 劇場数 Total
1
1
インセプション WB
$27,520,000
3,545
$193,348,000
3
2
N
Dinner for Schmucks P/DW
$23,300,000
2,911
$23,300,000
1
3
2
ソルト Sony
$19,250,000
3,612
$70,800,000
2
4
3
怪盗グルーの月泥棒 Uni.
$15,543,000
3,602
$190,349,000
4
5
N
キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争 WB
$12,525,000
3,705
$12,525,000
1
6
N
Charlie St. Cloud Uni.
$12,136,000
2,718
$12,136,000
1
7
5
トイ・ストーリー3 BV
$5,035,000
2,105
$389,674,000
7
8
7
俺たちグローン・アップス Sony
$4,500,000
2,269
$150,713,000
6
9
4
魔法使いの弟子 BV
$4,320,000
2,524
$51,881,000
3
10
8
エクリプス/トワイライト・サーガ Sum.
$3,965,000
2,334
$288,200,000
5

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]