TOP > アカデミー賞 > [2010 Precursors] PGAドキュメンタリー部門ノミネーシ…

[2010 Precursors] PGAドキュメンタリー部門ノミネーション発表!

アカデミー賞 記事:2010.12.04

アカデミー賞前哨戦の重要賞のひとつ、アメリカ製作者組合賞(PGA)がドキュメンタリー部門のノミネートのみを先に発表。アカデミー賞でも本命視されている、「不都合な真実」のデイヴィス・グッゲンハイム監督新作「Waiting for ‘Superman’」や、孤高のドキュメンタリー作家アレックス・ギブニーの「Client 9」などが順当に候補入りを果たした。アカデミー賞ではすでに第一次選考が行われ、エントリー作品が9本まで絞り込まれているが、今回のノミネート作品からは先の2本に加え、「Inside Job」「The Tillman Story」にオスカーチャンスが残されている。
アメリカ製作者組合賞
■ ドキュメンタリー部門
Client 9: The Rise and Fall of Eliot Spitzer(監督:アレックス・ギブニー)
Earth Made of Glass(監督:デボラ・スクラントン)
Inside Job(監督:チャールズ・ファーガソン)
Smash His Camera(監督:レオン・ガスト)
The Tillman Story(監督:Amir Bar-Lev)
Waiting for ‘Superman’(監督:デイヴィス・グッゲンハイム)


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]