TOP > アカデミー賞 > [受賞予想] 撮影賞-無冠の帝王ロジャー・ディーキンス初戴冠に黄信号…

[受賞予想] 撮影賞-無冠の帝王ロジャー・ディーキンス初戴冠に黄信号

アカデミー賞 記事:2011.02.26

これまで8度ノミネートされながら無冠のロジャー・ディーキンス(トゥルー・グリット)がついにオスカー像を手にするのかに注目が集まる撮影賞部門。しかし、最重要の前哨戦である撮影監督組合賞はウォリー・フィスター(インセプション)が制した。
フィスターも過去3度ノミネートされながら受賞経験がない。いずれもノーラン監督作品での候補で、その技術力を高く評価されてきた。「ダークナイト」ではIMAXカメラを初めてアクション映画に使用。大型カメラを自在に駆使し、従来の映画では実現できなかったダイナミックな描写で観客を熱狂させた。そして今回の「インセプション」でもクリストファー・ノーランの大胆にして緻密なイマジネーションを見事に具現化。フィスターの技がなければ不可能な映像化だけに、大いに評価されていい。
昨年、この部門はほとんどがCGで構成された「アバター」が受賞。芸術よりも技術が重視されることがはっきりと提示された瞬間だった。この流れが続くようだと、芸術家肌の職人ロジャー・ディーキンスの初戴冠は厳しい。
芸術か、技術か。こんな単純な視点でミクロ化してしまうのは間違いだが、受賞を占う上では大きなポイントになる。技術部門総なめも予想される「インセプション」のフィスターが下馬評では有利だが、ここは巨匠ディーキンスの初戴冠を期待して◎。
管理人の予想
◎ロジャー・ディーキンス(トゥルー・グリット)
○ウォリー・フィスター(インセプション)


★ PICK UP ★

「ボヘミアン・ラプソディ」が10倍楽しくなる(?)トリビア集

「ボヘミアン・ラプソディ」が10倍楽しくなる(?)トリビア集

2010年頃に映画化の第一報が報じられて以来、映画の完成まで多くの紆余曲折を経てきた映画「ボヘミアン・ラプソデ […]

★ PICK UP ★

第76回ゴールデン・グローブ賞を制したのは「ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」「ROMA ローマ」!

第76回ゴールデン・グローブ賞を制したのは「ボヘミアン・ラプソディ」「グリーンブック」「ROMA ローマ」!

第76回ゴールデン・グローブ賞は大波乱の結果に。ドラマ部門作品賞を大穴「ボヘミアン・ラプソディ」が制するという […]

★ PICK UP ★

アメリカ製作者組合賞ノミネーション発表!ヒット作が多数ノミネート!

アメリカ製作者組合賞ノミネーション発表!ヒット作が多数ノミネート!

アカデミー賞前哨戦として最重要視されるアメリカ製作者組合賞ノミネーションが発表。注目は市場人気の高い作品が数多 […]