TOP > アカデミー賞 > 「英国王のスピーチ」受賞について思うこと…

「英国王のスピーチ」受賞について思うこと

アカデミー賞 記事:2011.02.28

「英国王のスピーチ」が第83回アカデミー賞作品賞を受賞したことが、アカデミー賞の歴史においてどんな意味を持つのか、考察してみました。昨年の「ハート・ロッカー」受賞が引き起こしたアカデミー賞の存在意義の再確認が、「英国王のスピーチ」受賞を生んだと私は思っています。
第83回アカデミー賞結果について思うこと


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]