TOP > 映画レビュー > サッチャーに対する作り手の思いが伝わらず 「マーガレット・サッチャー 鉄…

サッチャーに対する作り手の思いが伝わらず 「マーガレット・サッチャー 鉄の女の涙」レビュー

映画レビュー 記事:2012.04.02

iron lady waving with flag

認知症のサッチャーが死んだ夫の幻影を見るという設定に違和感。鉄の女が老後に抱えた孤独を浮き彫りにする狙いだが、ジム・ブロードベント演じる夫は同時にサッチャーを悩ますパラノイア的存在としての一面も持ち、彼女の悔恨を示すツールとしての役割も果たす。

これは、サッチャーが亡き夫に投げかける「あなたは幸せだったの?」という問いかけに対する、作り手の容赦ない辛らつな答えにも見える。

続きを映画レビューサイトFreak!で読む


★ PICK UP ★

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞ノミネーション サプライズ(残念)落選 監督賞:レジーナ・キング(あの夜、マイアミで) 助 […]