TOP > 映画レビュー > 日本人にシンクロしすぎる恐怖のメタファー 「テイク・シェルター」レビュー…

日本人にシンクロしすぎる恐怖のメタファー 「テイク・シェルター」レビュー

映画レビュー 記事:2012.04.12

sub1_large

これ、今の日本人にとっては一番怖い映画なんじゃないだろうか。

主人公はある日突然悪夢に悩まされるようになり、巨大な災害が街を飲み込むという妄想にとりつかれる男。大型災害が妄想ではなくなっている日本人にとって、この男が感じる恐怖は針が肌を突き刺すような痛みをともなって心を侵食する。

この映画で「災害」は統合失調症に侵された男の恐怖や焦りを表現するメタファーでしかないのだが、このメタファーは日本人が内に抱える恐怖とシンクロしすぎて、もはや反則技に近い。

続きを映画レビューサイトFreak!で読む


★ PICK UP ★

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞サプライズ落選(解説)

第93回アカデミー賞ノミネーション サプライズ(残念)落選 監督賞:レジーナ・キング(あの夜、マイアミで) 助 […]