TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2014年3/7~3/9】 「300」続編が首…

【全米ボックスオフィス 2014年3/7~3/9】 「300」続編が首位デビューも、注目は限定公開のウェス・アンダーソン新作!

BiUu6gRCAAAWez4
■1位
人気作の続編「300 帝国の進撃」が全米3246館で公開され、OP興収4500万ドルで首位発進。十分に立派な数字だが、前作のOP興収7000万ドルと比べると見劣りする。批評家からは賛否半々。ノーム・ムーロ監督。

BiUwfejCEAAyHCv
■2位
「ライオン・キング」のロブ・ミンコフ監督が放つ新作CGアニメ「Mr.Peabody & Sherman」が全米3934館で公開され、OP興収3250万ドルで2位デビュー。天才犬とぼんくら少年がタイムトラベルで大騒動を巻き起こす。

BiUxOsCCIAE2ZlL
■9位
アカデミー賞作品賞受賞を追い風に、「それでも夜は明ける」が前週から654館拡大して9位にジャンプアップ。21週目の興行で総興収を5300万ドルまで積み上げた。受賞効果でどこまで数字を伸ばせるか。

BiUyI68CUAA6QbK
■限定公開
ウェス・アンダーソン新作「グランド・ブダペスト・ホテル」が4館で限定公開され、アベレージ20万ドルと爆発的なヒット。限定公開の実写作品では史上2番目となる記録。批評家からも大絶賛で迎えられており、来年のアカデミー賞有力候補に躍り出た。


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

第91回アカデミー賞ノミネーション所感

「ROMA ローマ」の最多ノミネートは、ここ数年のうちに実は起きていた映画ビジネスの大きな変換を顕在化してしま […]