TOP > 映画レビュー > 自分じゃない誰かの責任 ― 「ある過去の行方」レビュー…

自分じゃない誰かの責任 ― 「ある過去の行方」レビュー

映画レビュー 記事:2014.04.03

BkSGZdQCQAA77JE

空港に降り立った男を出迎える女。隔たる分厚いガラス越しに互いの声は届かず、身ぶり手ぶりで必死に意思の疎通をはかる2人。・・・この記号的なオープニ ングシークエンスで映画が植え込もうとする情報は、もはや相手の心の内を知ることのできない夫婦の“虚ろな空洞”なのか、あるいは物理的な障害に遮られて も意思を確かめ合おうとする彼らの“愛情の残滓”なのか―。

はたまた。母の再婚相手への嫌悪を隠そうとしない娘だが、同じ食卓についた男にティーポットをとってくれと頼まれれば、無造作にそれを差し出してから席を立つ。無視はせず、ポットを渡してから去る。この微妙な対応は何を意味するのか―。

イランの巨匠アスガー・ファルハディの映画は、登場人物の心情をさりげなく伝えるディテール描写に満ちている。上記2シーンは、後に明らかになる真相を知って初めて作り手の真意が伝わる、ある種謎解きのカタルシスを享受する仕組みになっている。

続きを映画レビューサイトFreak!で読む


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]