TOP > 全米興行収入 - Box Office > 【全米ボックスオフィス 2014年5/30~6/1】 ディズニーファンタ…

【全米ボックスオフィス 2014年5/30~6/1】 ディズニーファンタジー「マレフィセント」がA・ジョリー主演映画として史上最高のヒット!

全米ボックスオフィス(5/30~6/1)

maleficent-trailer
■1位
ディズニー・ファンタジー「マレフィセント」が全米3948館で公開され、OP興収7000万ドルで首位デビュー。続編またはリブートものではない作品としてこの数字は立派。アンジェリーナ・ジョリー主演作としても過去最高のデビューとなっている。

a-million-ways-to-die-in-the-west-4
■3位
「テッド」で大ヒットを記録し、翌年のアカデミー賞授賞式司会も務めた“時の人”セス・マクファーレンが監督・主演する新作「荒野はつらいよ〜アリゾナより愛をこめて」が全米3158館で封切り。OP興収は1700万ドルと「テッド」の約3分の1。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]