TOP > column > 「ジャスティス・リーグ」は2017年5月全米公開!DCコミックのヒーロー…

「ジャスティス・リーグ」は2017年5月全米公開!DCコミックのヒーロー映画ラインナップが明らかに

column 記事:2014.06.13

DCコミックのヒーロー映画ラインナップが明らかに。

すでに発表されている2016年5月公開の「Batman v Superman: Dawn of Justice」を皮切りに、一気にDCユニバースが拡大するようだ。
先行するマーベルにどこまで追いつけるか。

2016年5月 「Batman v Superman: Dawn of Justice」
batman-v-superman-logo__140521174033

2016年7月 「シャザム」
shazam-should-be-the-movie-we-see-after-the-justice-league-shazam

2016年12月 「サンドマン」
823780-sanderson

2017年5月 「ジャスティス・リーグ」
justice-league-my-justice-league-superhero-line-up-justice-league-my-dream-casting

2017年7月 「ワンダーウーマン」
wonder-woman

2017年12月 「フラッシュ/グリーン・ランタン」チームアップ
greenlanternandtheflash

2018年5月 「マン・オブ・スティール2」
Man_Of_Steel_Walmart

シャザム、サンドマンなど日本で馴染みの少ないヒーローも多いが、アベンジャーズも当初はほとんど知られていないヒーローばかりだった。
2016年5月の「バットマン v スーパーマン」で世界的に知名度の高い2大ヒーローを登場させ、その後「シャザム」「サンドマン」で強めのジャブを放ち、2017年5月に満を持してヒーロー大集合映画「ジャスティス・リーグ」を市場投入するというシナリオ。各ヒーローの知名度を少しずつ上げていき、DCコミックのブランディングも向上させ、ひとつの頂点として「ジャスティス・リーグ」が成功を収めれば、マーベル独り勝ち状態に待ったをかけられるかもしれない。

ちなみに「バットマン v スーパーマン」は当初、「マン・オブ・スティール」の続編という位置付けで発表されていたが、そうではないようだ。2018年夏にはスーパーマン単独主演の続編「マン・オブ・スティール2」が公開される。

 


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]