TOP > アカデミー賞 > 【第89回アカデミー賞最終予想】主演男優賞…

【第89回アカデミー賞最終予想】主演男優賞

アカデミー賞 記事:2017.02.24

【主演男優賞】デンゼル・ワシントンが史上最多に並ぶ3度目の演技賞受賞なるか。前哨戦圧勝のケイシー・アフレックも差はなし。

denzelwashington_fences  viggomortensen_captainfantastic  caseyafflek_manchesterbythesea  andrewgarfield_hacksawridge  ryangosling_lalaland

◎デンゼル・ワシントン(Fences)
アンドリュー・ガーフィールド(ハクソー・リッジ)
ライアン・ゴズリング(ラ・ラ・ランド)
ヴィゴ・モーテンセン(はじまりへの旅)
○ケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー)

前哨戦終盤まではケイシー・アフレック(マンチェスター・バイ・ザ・シー)の独壇場で、おそらくこの時点まで彼のオスカー受賞を疑う者は誰もいなかった。作品賞を受賞した「アルゴ」で監督賞にノミネートすらされなかったアカデミー会員からの人気が薄い兄ベンに比べ、ケイシーは2007年に助演男優賞ノミネートの経験もある。もともと演技派としての評価は高く、満を持しての受賞となるはずだった。

ところが、アメリカ俳優組合賞をデンゼル・ワシントン(Fences)が受賞すると、突如として風向きが変わった。「白人だらけのオスカー」問題への揺り戻しともとれる俳優組合賞の結果は、そのままアカデミー会員たちの意思表示かのように見える。今回デンゼルが受賞すれば、すでに受賞している主演男優賞(トレーニングデイ)と助演男優賞(グローリー)と合わせ3つ目のオスカー獲得ということになる。過去、主演・助演合わせて3つの男優賞を受賞しているのはダニエル・デイ=ルイス(主演3回)、ジャック・ニコルソン(主演2回、助演1回)、ウォルター・ブレナン(助演3回)の3人のみ。少なくとも受賞数の序列で言えば、かの名優ジャック・ニコルソンに肩を並べることになる。現役の黒人俳優を代表する存在であるデンゼルがアカデミー賞の歴史において“トップ評価”を与えられるのか否か、それが今回の争点となる。外見に大きな変化がないためいつまでも若く見られるデンゼルだが、気づけばもう62歳。長年映画界に貢献してきた大ベテランだけに3度目のオスカー受賞は決して過大評価ではない。

今回の構図は2002年にやや似ている。通算4度目の受賞を狙うジャック・ニコルソン(アバウト・シュミット)と2度目の受賞がかかるダニエル・デイ=ルイス(ギャング・オブ・ニューヨーク)の争いと見られたが、オスカー会員たちが選んだのは伏兵たるエイドリアン・ブロディ(戦場のピアニスト)だった。受賞経験のある常連よりも史上最年少受賞となる若手(当時29歳)を選んだ。本来、演技賞部門で複数回オスカーを受賞するのはかなりハードルが高いのだ。流れはデンゼル・ワシントンに傾いているとは言え、3度目の受賞をアカデミー会員たちはよしとするのかどうか。蓋を開けてみるまでわからない。


★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【第89回アカデミー賞最終予想】作品賞

【作品賞】 大本命「ラ・ラ・ランド」の受賞はほぼ間違いなし。焦点はアカデミー史上最多受賞の達成なるかどうか? […]

★ PICK UP ★

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【第89回アカデミー賞最終予想】長編アニメーション映画賞

【長編アニメーション映画賞】 2本エントリーのディズニーが5年連続の戴冠に王手。ジブリの「レッドタートル」には […]