TOP > アカデミー賞 > アメリカ製作者組合賞ノミネーション発表!ヒット作が多数ノミネート!…

アメリカ製作者組合賞ノミネーション発表!ヒット作が多数ノミネート!

アカデミー賞 記事:2019.01.05

pga2019
アカデミー賞前哨戦として最重要視されるアメリカ製作者組合賞ノミネーションが発表。注目は市場人気の高い作品が数多くノミネートされていること。7億ドルのメガヒットとなった「ブラックパンサー」をはじめ、「ボヘミアン・ラプソディ」「クレイジー・リッチ!」「クワイエット・プレイス」「アリー スター誕生」の5本がボックスオフィスで1億ドル以上を売り上げている。
果たしてこれら人気作品がアカデミー賞でも作品賞ノミネートを勝ち取れるのかどうか。ちなみに昨年の同賞には人気作「ワンダーウーマン」もノミネートされていたが、アカデミー賞では落選している。プロデューサーが投票する賞だけに、市場人気も評価の一因となっているようで、アカデミー賞に比べるとやや映画ファンよりの投票傾向にあると言えそうだ。
今回ノミネートされたヒット作5本のうち、「アリー スター誕生」は他前哨戦でも実績を残しておりアカデミー賞ノミネートは確実視されているが、他の4本はどう転ぶか蓋を開けてみるまでわからない。「ブラックパンサー」は作品賞ノミネートほぼ当確との下馬評もあり、PGAノミネートがさらなる追い風になりそうだ。残りの3本は現状ではやや厳しい戦況だが、世界的に人気の高い「ボヘミアン・ラプソディ」の一発逆転があっておかしくない。

■アメリカ製作者組合賞ノミネーション
ブラックパンサー(ディズニー)
ブラック・クランズマン(フォーカス・フィーチャーズ)
ボヘミアン・ラプソディ(20世紀フォックス)
クレイジー・リッチ!(ワーナー)
女王陛下のお気に入り(FOXサーチライト)
グリーンブック(ユニバーサル)
クワイエット・プレイス(パラマウント)
ROMA ローマ(Netflix)
アリー スター誕生(ワーナー)
バイス(アンナプルナ)

■ アニメーション映画賞
グリンチ
インクレディブル・ファミリー
犬ヶ島
シュガー・ラッシュ:オンライン
スパイダーマン:スパイダーバース

■ ドキュメンタリー映画賞
The Dawn Wall
Free Solo
Hal
Into the Okavango
RBG
まったく同じ3人の他人
Won’t You Be My Neighbor?


★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果

第91回アカデミー賞結果は以下の通り。 作品賞 : グリーンブック 監督賞 : アルフォンソ・キュアロン(RO […]

★ PICK UP ★

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

第91回アカデミー賞授賞式について思うこと

開催前からこれほどすったもんだを繰り返した授賞式も記憶にない。第91回アカデミー賞授賞式は事前から大きな不安を […]