TOP > お知らせ > 第92回アカデミー賞結果について思うこと…

第92回アカデミー賞結果について思うこと

お知らせ 記事:2020.02.10

2020Oscars

第92回アカデミー賞は大興奮のまま幕を閉じた。韓国映画「パラサイト 半地下の家族」が作品賞・監督賞・脚本賞・国際長編映画賞の4部門を受賞。外国語映画として作品賞を受賞した史上初めての映画となった。

昨年、Netflix作品「ROMA ローマ」が外国語映画として史上初の快挙まで近いところまでいくも、作品賞にはわずかに手が届かず。ただ、ハリウッドで実績のあるアルフォンソ・キュアロン監督だからここまでこれた、というのが大方の評価だっただけに、その翌年に早くもその快挙の瞬間が訪れるとは誰も予想していなかっただろう。そしてそれを成し遂げるのが、これまでただのひとつもオスカー像を手にしたことのない韓国映画だとは、予想しろというほうが無理な話だ。

個人的にはこの快挙を大きな拍手で讃えたい。デビュー作「ほえる犬は噛まない」の頃からポン・ジュノ監督の大ファンだからというパーソナルな想いも強いが、この快挙は何よりアカデミー賞にかつてない大きな変革をもたらしたと言えるからだ。#白すぎるオスカー と批判を浴びて、アカデミー協会が多様性のある賞を目指して改革に着手したのはわずか数年前。当時の会長シェリル・ブーン・アイザックスが女性および非白人の会員比率を上げるべく、多数の新会員を招き入れた。これにより、従来は“白人のおじいちゃんばかり”と揶揄されていたアカデミー会員の構成は大きく変わり、その後徐々にノミネートや受賞結果に反映されるようになっていく。昨年の「ROMA ローマ」快進撃も、まさにその改革が芽吹いたもので、今年の「パラサイト」受賞で一気に花開いたと言えるだろう。

さて、史上初の快挙が達成されたまではいい。ではこの先どんなことが起きるのか?アカデミー賞は従来から優れた外国語作品を別の枠=国際長編映画賞(昨年までは外国語映画賞)で評価するべく制度化していたが、今回の「パラサイト」受賞により、その垣根は事実上取り払われたと見るべきだろう。アカデミー賞受賞のチャンスが増えれば、良質な外国語映画を(アメリカ)国内で上映しようという動きも活発化し、結果、アカデミー賞を競う作品のレベルは格段に上がるに違いない。

今回、「パラサイト」はカンヌ国際映画賞パルムドールとアカデミー賞作品賞を同時に受賞。過去に45年「失われた週末」と55年「マーティ」しか事例がない快挙なわけだが、外国語映画に対して門戸が開かれた今後はもっと増えてくるだろう。カンヌやヴェネチアのような世界各地の映画祭で高評価された外国語映画が、今まで以上にアカデミー賞戦線で有力されるということだ。つまり、逆に言えば、外国語映画を発信する側は、アカデミー賞への戦略の一部として海外の映画祭への出品を検討することになる。

もちろん、アカデミー賞がすべてのゴールではないが、世界中の映画製作者たちに新たなチャンスが提示されたという事実は間違いない。純粋にクリエイターとしてのモチベーションにつながることもあるだろうし、巨大な北米マーケットを見据えることができれば、場合によっては映画製作の資金調達にも好影響が出るかもしれない。「パラサイト」の快挙がもたらしたのは、アカデミー賞のみならず、映画業界全体への新たな可能性だとするのは言い過ぎだろうか。ともあれ、この快挙が世界中の映画ファンに興奮と感動を与えたことは事実。これに触発された世界中のクリエイターたちから、さらに素晴らしい映画が生まれることを期待したい。

作品賞:パラサイト 半地下の家族
監督賞:ポン・ジュノ(パラサイト 半地下の家族)
主演男優賞:ホアキン・フェニックス(ジョーカー)
主演女優賞:レニー・ゼルウィガー(ジュディ 虹の彼方に)
助演男優賞:ブラッド・ピット(ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド)
助演女優賞:ローラ・ダーン(マリッジ・ストーリー)
脚本賞: ポン・ジュノ、ハン・ジヌォン(パラサイト 半地下の家族)
脚色賞:タイカ・ワイティティ(ジョジョ・ラビット)
撮影賞:1917 命をかけた伝令
編集賞:フォードvsフェラーリ
美術賞:ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
衣装デザイン賞:ストーリー・オブ・マイライフ わたしの若草物語
メイクアップ&ヘアスタイリング賞:スキャンダル
作曲賞:ジョーカー
主題歌賞: “I’m Gonna Love Me Again”(ロケットマン)
録音賞:1917 命をかけた伝令
音響編集賞:フォードvsフェラーリ
視覚効果賞:1917 命をかけた伝令
国際長編映画賞:パラサイト 半地下の家族
長編アニメーション映画賞:トイ・ストーリー4
長編ドキュメンタリー映画賞:アメリカン・ファクトリー
短編アニメーション映画賞:Hair Love
短編ドキュメンタリー映画賞:Learning to Skateboard in a Warzone (If You’re a Girl)
短編実写映画賞:The Neighbor’s Window