映画ニュース一覧新着人気(最近)人気(ALL)

キアヌ・リーヴスの人気作「コンスタンティン」続編の製作がついに始動。前作に引き続きメガホンをとるフランシス・ローレンス監督によれば、前作はPG-13規格に準拠して作品作りをしたはずが、結局はR指定となってしまったことを受け、続編は最初からR指定のハードな映画を作るつもりとのこと。 https://t.co/oouXMvKc5x

  • 3274
    リツイート
  • 7612
    お気に入り

「インディ・ジョーンズ」第5弾より待望のファーストルック画像が解禁。ハリソン・フォード、マッツ・ミケルセン、フィービー・ウォーラー=ブリッジ、ボイド・ホルブルックらの勇姿が初お披露目。スピルバーグからバトンを受け継ぎ、ジェームズ・マンゴールドが監督する。来年6月30日全米公開。 https://t.co/ErWSgO5tbX

  • 1338
    リツイート
  • 3367
    お気に入り

キック・アスことアーロン・テイラー=ジョンソンが次期ジェームズ・ボンドの最有力候補として浮上。9月にスクリーンテストを受け、プロデューサーのバーバラ・ブロッコリが彼を気に入ったという噂が囁かれている。次期ボンドには若返りが求められており、現在32歳のジョンソンは条件と一致する。 https://t.co/MSIrTkEtOS

  • 1026
    リツイート
  • 3070
    お気に入り

「ミッドサマー」のアリ・アスター監督による衝撃的なデビュー作「へレディタリー -継承-」に登場するツリーハウスを模した“お菓子の家キット”が発売へ。鋳型に材料を流し込んで火にかければ、ツリーハウスの壁と屋根、おじぎする人間たちがこんがりと焼き上がる仕様。https://t.co/NB42kXCTYq https://t.co/2XxBt2Dwkp

  • 1286
    リツイート
  • 2316
    お気に入り

ディズニーアニメで親しまれたキャラクターたちが、パブリックドメイン化により次々ホラー映画化へ。すでに映像化された「クマのプーさん:血と蜂蜜(原題)」に続き、「ピーターパン:ネバーランドの悪夢(原題)」が現在製作中、さらに「バンビ:報復(原題)」が来年1月から撮影開始される模様。 https://t.co/ZKiILs6dv5

  • 905
    リツイート
  • 1834
    お気に入り

麻薬の売人が証拠隠滅のため飛行機から投げ捨てた大量のコカインを食い荒らしフル充電されたパワーで暴虐の限りを尽くす巨大熊の恐怖を描くユニバーサルが配給する実話をもとにしたメジャー映画「Cocaine Bear」ポスター。「ピッチ・パーフェクト2」のエリザベス・バンクス監督。来年2月24日全米公開。 https://t.co/mQFUf7ILxM

  • 870
    リツイート
  • 1687
    お気に入り

クリスチャン・ベール扮する主人公が若き日のエドガー・アラン・ポーに助けられながら連続殺人の謎に挑む映画「The Pale Blue Eye」よりオフィシャルポスターが解禁。若き日のポーを演じるのは「ハリポタ」シリーズのダドリー役以降も大活躍のハリー・メリング。来年1月6日よりNetflixで配信。 https://t.co/0eA1ySeYri

  • 431
    リツイート
  • 1578
    お気に入り

「君の名前で僕を呼んで」のルカ・グァダニーノ監督 × ティモシー・シャラメ出演による新作「Bones and All」が全米5館で限定公開され、館アベレージ2.4万ドルの大ヒット。愛した人を殺して食べたい衝動に駆られる少女と無軌道な青年の旅を描く内容で、作品の評価は高い。本年度アカデミー賞有力作品。 https://t.co/kx0iRhplud

  • 383
    リツイート
  • 1470
    お気に入り

Netflix配信前のプレミア公開となった「ナイブズ・アウト:グラスオニオン」が全米696館の中規模公開ながら、940万ドルを稼いで3位にランクイン。館アベレージ1.3万ドルはこの週末で最も優秀な数字で、配信を待たず劇場で観たいというファンの多さを物語っている。12月23日よりNetflixで配信。 https://t.co/CxRUp3mugw

  • 276
    リツイート
  • 1177
    お気に入り

孤島にある高級レストランで明かされる驚くべき秘密を描く映画「ザ・メニュー」が全米3211館で公開され、OP興収900万ドルで2位に初登場。普段は限定公開からの興行が多いサーチライト・ピクチャーズ作品だが、レイフ・ファインズら豪華キャストの効果もあり堂々のヒット。日本でも公開中。 https://t.co/mQsxofOAGO

  • 250
    リツイート
  • 912
    お気に入り

「LOKI」でも大活躍のオーウェン・ウィルソンが新作映画「Paint」で大変身。テレビ番組「ボブの絵画教室」で人気者となった実在の画家ボブ・ロスを下敷きにしたと思われる架空のキャラクターを演じる。来年4月28日全米公開。 ←ウィルソン  ボブ・ロス→ https://t.co/k8vzzLGGaF

  • 311
    リツイート
  • 748
    お気に入り

御年84歳となるポーランドの巨匠イエジー・スコリモフスキ監督が、一頭のロバを主人公にして現代社会を描く映画「EO」が全米2館で限定公開され、館アベレージ1.2万ドルのヒット。今年のカンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞している話題作で、アメリカでもその独自性は大いに評価されている。 https://t.co/CeZm9IsGJb

  • 230
    リツイート
  • 712
    お気に入り

「シックス・センス」「ヴィジット」「オールド」のM・ナイト・シャマラン監督最新作「Knock at the Cabin」より最新ポスターが解禁。人里離れた山小屋にデイヴ・バウティスタ演じる謎の男が率いる4人組が現れ、休暇を過ごしていた家族にある衝撃的な選択を迫る。来年2月3日より全米公開。 https://t.co/a7qOM73B19

  • 235
    リツイート
  • 704
    お気に入り

年末の超話題作「アバター:ウェイ・オブ・ウォーター」が全米興行で今年最大のOP興収を記録する可能性。アナリストによると、初日となる12月16日から3日間のOP興収は2億ドル近くになると予想され、今年最大のOP記録(「ドクター・ストレンジ MoM」の1.87億ドル)を超えるかもしれないとのこと。 https://t.co/0qi1smOsak

  • 179
    リツイート
  • 744
    お気に入り

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」が全米興行で余裕のV2を達成。ただし、2週目の週末興収は前週比63%減となる6730万ドルで、前作のDrop率(45%)を大きく上回った。45日(後に配信)ルールになって以来、MCU作品は特に2週目のDrop率が上がっているが、本作もそのレールから逃れられず。 https://t.co/SqGUQy2vYm

  • 153
    リツイート
  • 749
    お気に入り

ピクサー最新作「Elemental」より特報動画が解禁。擬人化された火、水、大地、空気がともに暮らす街エレメンタル・シティで、エンバー=火とウェイド=水が運命的な出会いを果たすが…。「モンスターズ・ユニバーシティ」のピーター・ソーン監督。来年6月16日全米公開。 https://t.co/iKRBrtToeh

  • 200
    リツイート
  • 700
    お気に入り

RT @gagamovie: ▀▄ようこそ、最先端のカオスへ▄▀ 『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』

  • 834
    リツイート
  • 0
    お気に入り

「ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー」が全米興行で堂々のV3を達成。3週目の週末は感謝祭の休日を含む連休の効果もあり、前週からのDropを31%と最小限にとどめる高稼働。総興収は3億6700万ドルに達している。このペースなら「ドクター・ストレンジ MoM」の4.11億ドル超えは確実。 https://t.co/DksUoOQ95O

  • 144
    リツイート
  • 537
    お気に入り

「ベイマックス」監督が放つ最新作「ストレンジワールド/もうひとつの世界」が全米4174館で公開され、OP興収1190万ドルで2位に初登場。ディズニーアニメとしては過去10年で2番目に低調な出足で、ディズニープラスのサービス開始以降、劇場への集客が危機的な状況にあることを再認識させる結果に。 https://t.co/xfH9fvLMZx

  • 167
    リツイート
  • 422
    お気に入り

アントニオ・バンデラスが自身の当たり役ゾロの後継者として「アンチャーテッド」で共演したトム・ホランドを指名。“もしもう一度ゾロを演じろと言われたら、誰かに聖火を渡す役を果たしたい。トム・ホランドはエネルギッシュでとても楽しいよね”。スパイディー=ホランドが別のマスクを被る可能性も? https://t.co/QchtppXH1l

  • 136
    リツイート
  • 443
    お気に入り

クエンティン・タランティーノが自身オリジナルのドラマシリーズを監督する可能性。劇場用監督は10本目となる次回作をもって引退することを公言しているが、その前に話数限定のドラマを手がける意向。これまでゲストとして既存シリーズの監督を務めたことはあったが、オリジナルは初となる。 https://t.co/Mu8mo4YjNb

  • 133
    リツイート
  • 416
    お気に入り

「マリッジ・ストーリー」のノア・バームバック監督「ホワイト・ノイズ」最新予告編が解禁。化学物質の流出事故で危険に直面した家族の物語を描く。アダム・ドライバーがお腹の出た家長を演じて新境地。グレタ・ガーウィグ、ドン・チードル出演。12月30日よりNetflixで配信。 https://t.co/Z1Gocm17Un

  • 110
    リツイート
  • 433
    お気に入り

「トップガン マーヴェリック」のハングマン役で人気に火がついたグレン・パウエルが再び戦闘機の操縦桿を握る映画「Devotion」が全米3405館で公開され、OP興収596万ドルで4位に初登場。MCUで新たなラスボス、征服者カーン役を演じるジョナサン・メジャースとのコンビだが、市場の反応は今ひとつ。 https://t.co/Dql8JMdKQz

  • 112
    リツイート
  • 372
    お気に入り

大ヒット映画「シュレック」からスピンオフした人気シリーズ第2弾「長ぐつをはいたネコと9つの命」より特別映像が公開。アントニオ・バンデラスが声を演じる主人公プスが、ミルクをなめる音や喉をならす音など、リラックスできるASMRをお届け。12月21日より全米公開。 https://t.co/Sko7BgoPkJ

  • 109
    リツイート
  • 330
    お気に入り

映画界で起きた性的暴行事件を暴いた記者たちの勇気ある行動を描く映画「SHE SAID/シー・セッド その名を暴け」が全米2022館で公開され、OP興収225万ドルで6位に初登場。作品に対する評価は高く、本年度アカデミー賞戦線で注目の存在になりそう。キャリー・マリガン、ゾーイ・カザン出演。 https://t.co/pzKznFftbv

  • 66
    リツイート
  • 266
    お気に入り

「The Fabelmans」で3度目のオスカーを狙うスティーヴン・スピルバーグが次回作として準備する映画「Bullitt」にブラッドリー・クーパーが主演へ。68年の同名映画でスティーヴ・マックィーンが演じたフランク・ブリット役を演じる。68年の映画のリメイクではなく、新たな物語が語られるとのこと。 https://t.co/6oU4hO2cJq

  • 57
    リツイート
  • 205
    お気に入り

A24配給による新作「The Inspection」が全米5館で限定公開され、館アベレージ1.3万ドルのヒット。エレガンス・ブラットン監督が自身の経験をもとに、海兵隊に入隊したゲイの黒人青年の物語を描く。トロント、ニューヨーク、シカゴなど各地の映画祭で高い評価を受けている。 https://t.co/Niy7d0rrvl

  • 60
    リツイート
  • 202
    お気に入り

とはいえ、総興収は早くも2億8700万ドルを突破。しばらく大きな競合作品がないこともあり、このまま推移すれば「ドクター・ストレンジ MoM」(4億1100万ドル)を超え、今年2番目のヒットになりそう。(1位は「トップガン マーヴェリック」の7億1600万ドル) https://t.co/nYu48zzWK5

  • 55
    リツイート
  • 162
    お気に入り

ちなみに過去10年で最も低いOP成績だったのは、配信同時リリースだった「ラーヤと龍の王国」。かつてはファミリー層への強力な訴求でOP成績5000万ドル超が当然だったディズニーアニメが今ここまで苦戦を強いられているのは、間違いなく配信との住み分けがうまくいっていないから。今後の軌道修正は? https://t.co/ZkcQHOwYHB

  • 61
    リツイート
  • 104
    お気に入り

2009年12月に公開された前作は、OP興収こそ7700万ドルと控えめだったものの、年末年始興行でほぼ落ち込みのない興行を続け、1月末まで7週連続首位を記録。以降、8月まで上映され、当時史上No.1となる総興収7億4900万ドルを稼いでいる。続編でも息の長い興行が予想され、特大ヒットとなる可能性大。 https://t.co/RJOhkbciIC

  • 27
    リツイート
  • 101
    お気に入り
1 / 2 1 2 ... 最後 »
★ PICK UP ★

第94回アカデミー賞授賞式に思うこと

第94回アカデミー賞授賞式に思うこと

いまだコロナの影響が残る2022年3月27日、第94回アカデミー賞授賞式が米ロサンゼルスのドルビー・シアターに […]